確連坊 

アクセスカウンタ

zoom RSS ★安心の食べ方がある? 添加物含有食品

<<   作成日時 : 2006/11/24 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

添加物危険なのは 分かるけど・・なら実際には
どうしたらいいの?かい
 
いう解決策を紹介します。

何時も店内で皆さんにお話していることなんですが・・私も研修会などで
勉強した請けうりもありますので了解下さいませ。
まず一番心配といわれているハム・ソーセージ・かまぼこなどの加工食品。
さまざまな添加物が入れられてます。

ハムの場合。
全て含まないものを食べるもベストですが なかなかお目にかかれせん。
そこでソルビン酸 K が入ってないものを選びましょう。
食べる時は 50度くらいお湯の中でハムを 10秒ほど浸けて振ります。
これで添加物がお湯に溶け出し減らすことが出来ます。

ウインナーも、切れ目を入れてお湯に1分ほどくぐらせれば大丈夫。

かまぼこも、なるべく薄切りにして お湯いしゃぶしゃぶのように
くぐらせることで アクや塩分も減らすことができます。

豆腐も毎日食べたい食品ですが 「国産大豆使用」と表示されていても
実は原料の1部しか 国産大豆を使っていない製造業者が多いのです。
次に凝固剤 (酸化マグネシュム含有物)と 表示されているもの選ぶこと。

これは、にがりのことですから大丈夫です。
安全な食べ方ですが、買ってきたら直ぐタッパーに入れてましょう。
そうすることで、凝固剤や発泡剤などが溶け にがり臭さも抜けておいしくなります。

コンビに弁当は添加物の見本市のような物です。
更に容器は、ポリカボネート製が多く見られますが これは電子レンジで温めては
いけません。 必ず器に移しかえましょう。

おにぎり・弁当の利用度の高い人は サラダを食べる事。
更に 嬉しいことに食後に、 リンゴを 食べることでかなりの害を防げると
いうことです。

カップ麺の場合いは
なんとなく健康には あまりよろしくないと気づいているようですから・・。
発泡スチロールの容器は必ず どんぶり等の安心の容器移しかえましょう。
紙容器を使ったカップ麺を選びましょう。

ご存知のように 安全に食べるためには熱湯を注いだら、一度そのお湯をすてる
ことです。

チューインガムは 唾液で解毒できるようですが 味がなくなっても更に
かんでいると添加物が溶け出す心配があります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
結構気をつけているつもりでしたがチューインガム、お豆腐はとっても参考になりました。
いつも“国産大豆って書いてあるけど信じていいのかなぁ”と悩んでいました。
消泡剤を使ってある物は絶対に買わないようにはしているのですが。
以前は職場でのお昼にコンビニでおむすびなど買っていたのですが、今は必ずお弁当を作って持って行っています。もうコンビニ弁当は買う気になりません。
保存料を使わない代わりに菌を殺すPH調整剤(これで合ってますか?)が使用量の規制がないので多様されていると聞きました。
体内の良い菌までもが殺されてしまうそうですね。
チューインガムは知りませんでした。
ありがとうございます。
花猫
2006/11/25 00:43
花猫さん・・コメントありがとう。添加物のことは とても明らかにできないことがあまりにも・・ブログで書くのは控えめにならざるえません。
ある種の乳酸菌を毎日採ることで 口臭 体臭 歯肉炎を劇的に改善すると
同時に添加物と脂肪を排出できるのは あり難い。
確連坊
2006/11/30 15:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
★安心の食べ方がある? 添加物含有食品 確連坊 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる